『ドラクエウォーク』イベントまとめ

『ドラクエウォーク』のイベントを週ごとにまとめます。

【ドラクエウォーク】ゴンズのほこら安定攻略(縛りなし)

 前回投降したゴンズのほこらの攻略記事ですが、デイン斬撃スキルでゴリ押しするという無謀な攻略法でした。運が悪いとゴンズに連続でガードされたり、ミミックに痛恨の一撃を連発されたりしてあっさり全滅してしまいます。

 そこで、今回は手数こそ増えるもののより安定して戦える攻略法を紹介します。

dqwalkiventsummary.hatenadiary.jp

 

 まず、前回の攻略法の反省を踏まえた攻略のポイントを挙げます。

 

1.ミミックを優先的に倒す

 ミミックの痛恨率が異常に高いです(体感ですが5割以上はあると思います)。またミミックは2回行動なので、ほぼ毎ターン痛恨の一撃を喰らう感じとなり、パラディンでも耐えるのが厳しいです。しかもあまいいきまで使用してくるため、全員まもりのたてを維持していないと危険です。

 全体攻撃で3体同時に攻めるよりも、ミミックに単体攻撃を集中させて早めに倒した方が安定します。といっても、私の場合デイン・バギの単体スキルも充実していないため、今回は魔法戦士ライデインをメイン攻撃として戦います。

 

2.ブレス攻撃で影縛りの確率を高める

 ゴンズのガード率が高いのは言うまでもありませんが、シュプリンガーもガードすることがありますし、ミミックは身をかわすこともあります。影縛り狙いでレンジャーに全体攻撃させても、相手に当たらなければ無駄になります。

 幸いなことに、唯一のブレススキルを持つ闇の覇者の竜鞭を所持していますので、レンジャー竜王の業火(ギラ属性ブレス)を使用させることで、確実に3体に攻撃をヒットさせて影縛りの確率を上げることにしました。なおギラ属性は等倍です。

 

3.マグマのつえは威力がイマイチ?

 適正武器がほとんど未所持だったので、今回のイベントで配布されたマグマのつえも検討してみました。マグマのつえはマグマ(ギラ属性単体呪文特大ダメージ)を使用できるのですが、そもそもギラは等倍なのでライデインより威力は出ませんでした。しかしながら、今後のつえの配布状況によって凸が進んだり、ギラじゅもん火力の上がるこころが集まったりすれば、採用することも考えられます。

 

4.ねむりうち・やいばくだきは成功率が微妙

 ねむりうちやいばくだきも有効なのですが、確実に成功するわけではありません。また、上記の影縛りと同様に、攻撃自体が当たらないと絶対に発動しません。思った以上に成功率が良くなかったので、今回は使用を見送りました。

 

 

 

 次に、具体的なパーティ構成を紹介します。攻撃は魔法戦士ライデインとレンジャーの竜王の業火で、回復はパラディンと賢者です。

 

●1人目:パラディン(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133029p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133031p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133034p:plain

 いつもの回復パラディンで、回復武器は光のタクト(いやしのかぜ)、防具はワイルドベレー・凱歌のよろい上・ワイルドボトムです。こころはHPを重視して採用しました。

 

●2人目:魔法戦士(Lv77)

f:id:smartphonegamereport:20211014133124p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133127p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133130p:plain

 今回の攻撃の要となる魔法戦士です。使用スキルのライデインはロトの子孫のこころで使用できますので、武器はゴシックパラソル4凸(呪文ダメージ+20%)を採用しました。防具は凱歌のヘルム・凱歌のよろい上・ワイルドボトムです。また、アクセのしんごんのじゅずにはデイン呪文ダメージ+5%が付いています

 こころは【黄】ロトの子孫ライデイン、デインダメージ+16%)が必須で、【紫】キマイラロード(呪文ダメージ計+13%)も有効。あとはお馴染みの【紫】ゾーマ【紫】おどるほうせき(ともに呪文ダメージ+10%)を採用しました。心珠は両方ともデインダメージ+10%が付いています。

 

●3人目:レンジャー(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133332p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133334p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133337p:plain 

 レンジャーは主に影縛り担当で、武器は闇の覇者の竜鞭(竜王の業火)防具は凱歌シリーズです。

 こころは、3体のうち最も耐久力のあるゴンズに合わせてけもの特攻を優先しました。【黄】ゲリュオン【赤】ゆきのじょおうはけもの系ダメージ+10%、【青】ジャミは同+7%です。残りの青枠は【青】竜王Aランク(ギラダメージ+4%)にしました。心珠はギラダメージ+7%です。

 

●4人目:賢者(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133446p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133448p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133451p:plain

 回復賢者については、前回の攻略時と同じ構成です。

 

 

 続いて、実際の戦闘経過を説明します。

 

 1ターン目は全員まもりのたて。ゴンズはビックシールド、ミミックは通常攻撃と痛恨の一撃(それぞれ約100・約500ダメージ)、シュプリンガーバギマ(全体約100ダメージ)とはげしく斬りつける(約100ダメージ×4)でした

 2ターン目、レンジャーの竜王の業火で全体約1500のダメージでした。魔法戦士はフォースバースト、賢者×2は全体回復します。

 3ターン目以降もレンジャーは竜王の業火、魔法戦士ミミックライデインを続けます。ライデインはフォースブレイクの段階に応じて約3200→3800→4300とダメージが増えていきました。順調に行けばまもりのたてが切れる前にミミックを落とせます。

 ミミックが落ちたらフォースブレイクを掛け直してゴンズにライデインを集中します。ここでもフォースブレイクの段階に応じて約3000→3500→4000とダメージが増えました。ゴンズのビッグシールドは全くの無害なので、使用したターンはパーティを立て直すチャンスです。

 ゴンズが落ちるころにレンジャーのMPも尽きますが、後はオートで大丈夫です。ゴンズにすてみ状態で殴られることもほぼありません。前回よりははるかに安定して攻略できます。

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.