『ドラクエウォーク』イベントまとめ

『ドラクエウォーク』のイベントを週ごとにまとめます。

【ドラクエウォーク】35周年記念イベントを振り返る

 『ドラゴンクエスト35周年』記念イベントが明日で終了します。このイベントで追加された装備やこころなどを振り返りましょう。

 

装備

竜王装備ふくびき
 闇の覇者の竜鞭(竜王の業火)
 竜王の兜・鎧上・鎧下

アレフガルド創世ふくびき
 ルビスの剣(創世の光)
 ルビスの天冠・天鎧上・天鎧下

天の恵み装備ふくびき
 いかずちのつえ(イオマータ)
 みずの宝冠・はごろも上・はごろも下・水鏡の盾

悪霊の神々装備ふくびき
 はかいのつるぎ(破壊の斬光)
 あくまのかぶと・よろい上・よろい下・死神の盾

   闇の覇者の竜鞭で初のブレススキル(竜王の業火)が実装されました。ブレスは斬撃や体技とは異なり確実に敵にヒットするので、影縛りの固有特性をもつレンジャーにとって相性抜群の武器となっています。

 ルビスの剣は単体420%デイン斬撃スキル創世の光を使用することができ、今後のインフレ化の促進を予感させるものでした。

 初の多段呪文イオマータが使用可能になったいかずちのつえについては、むしろ呪文ダメージの上がる水鏡の盾を求めるプレイヤーが続出しました。

 ジバリア系最強武器として登場したはかいのつるぎは、性能よりもバグの方が話題となる始末。ジバリア系が活躍できるイズライールのほこらでも、SP装備王家のレイピア(アーススイング)の方が目立っています。

 

 個人的には、闇の覇者の竜鞭竜王の鎧上ルビスの天鎧上水のはごろもを入手することができ、大変満足しております。

 

f:id:smartphonegamereport:20210707200144p:plain f:id:smartphonegamereport:20210707200147p:plain f:id:smartphonegamereport:20210707200150p:plain

 

 

 

メガモンスター

竜王(推奨レベル:上級職55)
 邪悪なツメ、大地を踏みつける、地獄の業火、くいちぎる、等

大神官ハーゴン(推奨レベル:上級職55)
 イオナズン、火炎の息、あまい息、邪神に祈りをささげる、等

破壊神シドー(推奨レベル:上級職60)
 破滅のさけび、連続ドルモーア、はげしい炎、死滅の極光、等

 

 DQ復刻イベントに併せて登場した竜王は、推奨レベル上級職55を遥かに上回る強さを見せつけ、多くのプレイヤーの心を折りました。その影響を受けてか、続いて登場した大神官ハーゴンは、竜王と同じ推奨レベルとは思えない程の弱性能となっていました。破壊神シドーに関しては、スペシャルメガモンスターで使用したベホマの原作再現が印象的でした。

 

 

 

強敵

スターキメラ+メイジキメラ(レベル30討伐称号:キメラ界のスター
 はげしい炎、ラリホーマイオナズン、やけつく息、等

アトラス(レベル30討伐称号:赤銅巨躯の巨神
 ライドインパクト、やいばくだき、痛恨の一撃、等

バズズ(レベル30討伐称号:紫毛鋭爪の魔神
 イオナズン、こごえる吹雪、バギクロスラリホーマ、等

ベリアル(レベル30討伐称号:鮮黄威風の大悪魔
 イオナズン、火炎の息、あまい息、バイキルト、等

 スターキメラは、原作と同様、高い攻撃力+炎ブレスで攻めてきました。一方、お供のメイジキメラが何故かイオナズンを使用してくるため、2体の波状攻撃がキツかったです。

 アトラスは、攻撃力が非常に高く、後半のライドインパクト3連発が強烈でした。ヘナトスが使用できなかったので、成功率の低いやいばくだきを何回も使用しました。

 バズズは、属性攻撃が多彩で、今回の強敵Lv30で一番厳しい戦いだったかも。フォースブレイクや影縛りがとても良いタイミングで入り、運よく勝てた印象です。

 ベリアルは、イオナズンだけでなく、高い攻撃力(+バイキルト)や高い守備力を持つ難敵でした。非常にタフで、赤色表示まで追い込んだものの全滅、を何度も経験しました。

 

 いずれの強敵も、Lv30を何とか討伐することができました。

 

f:id:smartphonegamereport:20210621190604p:plain f:id:smartphonegamereport:20210619193728p:plain

f:id:smartphonegamereport:20210621190600p:plain f:id:smartphonegamereport:20210621194008p:plain

 

 

 

 

こころ

【紫】スターキメラ(コスト107)
 最大HP+85、最大MP+98、力+16、守+54、
 攻魔+84、回魔+34、早+62、器+72
 呪文ダメージ
+3%、鳥系ダメージ+10%、呪い耐性+5%

【青】竜王(コスト107)
 最大HP+123、最大MP+75、力+86、守+82、
 攻魔+39、回魔+35、早+112、器+112
 斬撃・体技ダメージ+10%、ギラダメージ+5%、メラダメージ+5%
 ターン開始時MP3回復、混乱耐性+10%

【赤】アトラス(コスト108)
 最大HP+55、最大MP+45、力+120、守+40、
 攻魔+7、回魔+7、早+95、器+91
 斬撃・体技ダメージ+3%、ジバリア斬撃・体技ダメージ+10%、
 悪魔系ダメージ+5%、攻撃減耐性+5%

【紫】バズズコスト84
 最大HP+50、最大MP+78、力+6、守+24、
 攻魔+94、回魔+39、早+86、器+68
 ザキ、呪文ダメージ+3%、ギラ呪文ダメージ+5%、悪魔系ダメージ+7%

【紫】大神官ハーゴン(コスト111)
 最大HP+64、最大MP+88、力+8、守+45、
 攻魔+120、回魔+49、早+90、器+85
 呪文ダメージ+5%、イオ呪文ダメージ+10%、状態異常成功率+10%

【黄】ベリアル(コスト111)
 最大HP+125、最大MP+21、力+34、守+105、
 攻魔+20、回魔+20、早+13、器+20
 イオ耐性+10%、メラ耐性+7%、怯え耐性+5%、眠り耐性+5%

【緑】シドー(コスト113)
 最大HP+140、最大MP+112、力+41、守+58、
 攻魔+56、回魔+90、早+44、器+43
 スキルHP回復+10%、HP20%以下のHP回復+5%、
 デイン耐性+10%、封印耐性+10%

【黄】ロトの子孫(コスト99)
 最大HP+95、最大MP+55、力+67、守+56、
 攻魔+65、回魔+17、早+50、器+39
 ライデインデインダメージ+16%
 戦闘開始時たまにロトの加護で呪文ダメージ10%軽減

(※)いずれもSランクのこころの性能です。

 

 【紫】スターキメラは、鳥系ダメージ+10%がついていたので強敵スターキメラ戦で使用しましたが、今後も使えるこころかどうかは微妙な性能です。

 【青】竜王は、HP、素早さ、器用さが大きく伸びる上に、斬撃・体技ダメージ+10%もついており、非常に優秀な青こころでした。(なぜ竜王が青色?という疑問は残りますが。)

 【赤】アトラスは、イズライールのほこら攻略の専用のこころといっても過言ではない性能です。(実装の順からすると、アトラスのこころに合わせてイズライールのほこらが実装されたような感じですが。)ちから+120は魅力ですが、ジバリア系以外のダメージが伸びにくく、HPも55しか増えないので、ちょっと使いにくい印象です。

 【紫】バズズは、ギラ呪文ダメージアップが不遇。対悪魔系以外に出番はなさそうです。ザキも今のところ使う場面がなさそう。ところで、なぜバズズのこころだけコストが異常に低いのでしょうか。(下位種のシルバーデビルの87よりも低いのは不自然です。)

 【紫】大神官ハーゴンは、攻撃魔力+120に加え、イオ呪文だと計15%アップします。イオナズンを主力で使う自分にとって必須のこころとなりました。ただ、状態異常成功率+10%を生かす場面が少ないのが残念です。

 【黄】ベリアルは、イオ・メラ耐性があり、HP・身の守りの値も大きく上がるため、強敵スターキメラ戦で活躍しました。今後も出番がありそうですが、HP回復アップがないのが残念。

 【緑】シドーは、HPが大きく上がり、また、ピンチのときに回復量が増すなど、頼もしいこころです。さすがにベホマはついていないか。

 【黄】ロトの子孫は、ステータス的には平凡ですが、デイン属性ダメージが何と16%もアップします。霊獣のつえ(ギガデイン)・ルビスの剣(創世の光)が欲しいところです。

 

 

 

 個人的には、【青】竜王【緑】シドー以外はSランクのこころを入手できました。【青】竜王は今回のイベント期間中に入手することがほぼ不可能なので、復刻に期待します。

f:id:smartphonegamereport:20210707200152p:plain f:id:smartphonegamereport:20210707200156p:plain