『ドラクエウォーク』イベントまとめ

『ドラクエウォーク』のイベントを週ごとにまとめます。

【ドラクエウォーク】なかまモンスター「フレンドマッチ」実装!

 本日10/20(水)15:00より、なかまモンスターの「フレンドマッチ」が実装されました。フレンドとの対戦の他、冒険者の自宅に訪問して対戦することもできます。また、ジェム報酬のあるミッションや、まものコイン交換所の交換アイテム等が新たに追加されています。さらに週末には特別なミッションも実施される模様。

 なお、「モンスターグランプリ」については後日実装とのこと。それまでにフレンドマッチおよびモンスター育成を頑張りましょう。

f:id:smartphonegamereport:20211020171706p:plain f:id:smartphonegamereport:20211020171708p:plain f:id:smartphonegamereport:20211020171711p:plain

f:id:smartphonegamereport:20211020171752p:plain f:id:smartphonegamereport:20211020171755p:plain f:id:smartphonegamereport:20211020171757p:plain

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】強敵「イブール」Lv30攻略 今回は大苦戦

 強敵「イブール」Lv30を、大苦戦の末に何とか討伐できました。DQVイベントで登場中の「ゆきのじょおう」や「ジャミ」と比べると、難易度はかなり高めの印象です。参考になるかどうか微妙ですが、Lv30討伐の攻略ポイントを紹介します。

 

 まず、イブールの特徴についてまとめます。

●系統は悪魔系

●弱点はメラ・デイン・バギ属性

●常時2~3回行動(後半はほぼ3回行動)

●主な攻撃はイオナズンイオナスペル(全体イオ呪文+闘魂)、こごえるふぶき

●通常攻撃もするが、常に痛恨の一撃

メダパニに加え、光の教団の教え(全体混乱)も使用

マジックバリアで自身の呪文耐性を上げる

 まず、常時2~3回行動なので被ダメージが大きいです。特に後半イオナスペルを使用して闘魂を最大3段階まで上げつつ、そのイオナスペルやイオナズンを連発してくるので、相当のダメージ量になります。また通常攻撃も常に痛恨の一撃になるので痛いです。Lv29までは回復賢者1人で何とか押し通せましたが、Lv30は何度チャレンジしてもムリでした。

 また、メダパニ・光の教団の教えによる混乱付与もキツイです。常にまもりのたてを維持したいのですが、上記のように被ダメージが大きいので、タイミングが悪いと回復かまもりのたて更新かの二択を強いられます。混乱・死亡が2人以上出たら立て直すのはまず不可能です。

 さらに、マジックバリアで自身の呪文耐性を上げるため、呪文攻撃は非推奨。その上、物理攻撃なら安定と思いきや、意外にも身かわし率が高くミスになることも珍しくありません。

 

 これらを踏まえ、今回はらいじんのやり4凸を装備させたパラディンをメインのアタッカー、賢者をメインのヒーラーとし、魔法戦士バイシオンとサブ回復、レンジャーは影縛りとフバーハを担当させることにしました。(バトルマスターではなくパラディンにしたのは痛恨対策。)そして、少しでも被ダメージを低減させるため、悪魔耐性・イオ耐性をできる限り上げて挑みました。

 

 具体的なパーティ構成は下記の通りです。

●1人目:パラディン(Lv79)  

f:id:smartphonegamereport:20211019100215p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019100218p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019100221p:plain 

 今回はパラディンがメインアタッカーを務めます。武器はらいじんのやり4凸(斬撃・体技ダメージが+20%)、アクセはロトのしるし(デイン斬撃・体技ダメージ+10%)とガーターベルト(あくま系ダメージ+3%)を装備しています。

 また、防具も火力を重視し、はぐれメタルヘルム(デイン斬撃・体技ダメージ+15%)、霊獣のビスチェ上(デインダメージ+5%、イオ耐性+10%)、霊獣のビスチェ下(デインダメージ+5%)を採用しました。

 こころは、火力を上げるために【青】ランプの魔神(デイン斬撃・体技ダメージ計+20%)、【黄】ロトの子孫(デインダメージ+16%)、イオ耐性を上げるために【黄】ベリアル(イオ耐性+10%)を採用し、残りの1枠はその両方を上げられる【赤】やまたのおろち(デイン斬撃・体技ダメージ計+10%、イオ耐性+7%)を選択しました。心珠は両方ともデインダメージ+10%が付いています。

 

●2人目:魔法戦士(Lv79)  

f:id:smartphonegamereport:20211019101212p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019101215p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019101217p:plain

 魔法戦士バイシオンパラディンの攻撃力を上げつつ、ピンチの際に回復を担当します。武器は光のタクト(いやしのかぜ)防具はあまり適正なものがなく、アリアハンのかぶとやマァム(ロモス)の鎧上でヒャド耐性を上げました。

 こころ・心珠は耐性重視。【黄】ベリアル(イオ耐性+10%)と【緑】バラモス(スキルHP回復+10%、イオ耐性+5%)でイオ耐性を上げ、他は【緑】シドー(スキルHP回復+10%)と【黄】しにがみきぞく(スキルHP回復+7%)を採用しました。心珠は両方ともイオ耐性+7%です。

 

●3人目:レンジャー(Lv79)  

f:id:smartphonegamereport:20211019102908p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019102911p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019102915p:plain

 レンジャーは影縛りを狙いたいのですが、イブールに身かわしをされないように、3回攻撃スキルを持ついなずまの剣(まとい三角斬り)を採用しました。防具は闇騎士のヘルム(悪魔耐性+5%)等です。

 こころ・心珠はやはり耐性重視。【黄】ベリアル(イオ耐性+10%)と【赤】やまたのおろち(デイン斬撃・体技ダメージ計+10%、イオ耐性+7%)、【青】キラーアーマーAランク(斬撃・体技ダメージ+6%、イオ耐性+7%)でイオ耐性を上げ、他は【青】ランプの魔神(デイン斬撃・体技ダメージ計+20%)を採用しました。心珠は両方ともイオ耐性+7%です。

 

●4人目:賢者(Lv79)

f:id:smartphonegamereport:20211019103816p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019103820p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019103823p:plain

 毎回固定の回復賢者です。回復武器はトワイライトブルーム(トワイライトヒール)防具はみずのはごろも上(イオ耐性+10%)やトワイライトフリル下等を装備しています。こころは虹枠に【黄】ベリアル(イオ耐性+10%)を入れました。

 

 

 続いて、実際の戦闘経過を説明します。なお、助っ人はレックス(Lv20)を選びました。

 

 まず、イブールは2ターン目に、回復魔力の高いキャラにメダパニを使用します(私の場合は回復賢者)。逆に他のキャラはいきなり混乱させられる心配はないので、レンジャーは影縛り狙いでまとい三角斬り、パラディンは雷光さみだれ突きで攻撃します。

 イブールより先に動けるのはこの2人のみで、初手で影縛りが入らない場合はここでイブールに攻撃されます。マジックバリアとこごえるふぶきをされることが多いのですが、稀にイオナズン+こごえるふぶき等で大ダメージを受ける場合もありました。その後、魔法戦士パラディンバイシオン、賢者はまもりのたてを使用して次のターンに備えます。

 2ターン目、レンジャーはフバーハパラディンは雷光さみだれ突き。イブールの攻撃後、魔法戦士はまもりのたて、賢者は全体回復をします。3ターン目にレンジャー・パラディンもまもりのたてを使用します。

 後はとにかくレンジャーの影縛りで足止めを狙いつつ、パラディンの雷光さみだれ突きでダメージを稼ぎます。(雷光さみだれ突きは、バイシオン2段階で約4000のダメージになります。)影縛りの入り具合で状況は激変しますが、とにかくこの2人に攻撃をさせられる状況を維持することに努めます。まもりのたての更新はもちろん、常時500~600のHPを維持していないと、こごえるふぶき+イオナズンイオナスペルの3回攻撃であっという間に全員瀕死に陥ります。状況によっては防御で乗り切ることも必要です。また、メダパニや光の教団の教え(全体混乱)はミスになる可能性もあるので、本当にピンチの際はまもりのたては放棄して回復・防御を優先した方がよいです。

f:id:smartphonegamereport:20211019104155p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019104158p:plain f:id:smartphonegamereport:20211019104201p:plain

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】10/18(月)アップデート内容まとめ

 本日10/18(月)15:00にアップデートがありましたので、その内容をまとめました。

 

1.DQVイベントストーリークエスト第6章追加

 DQVイベントストーリークエスト第6章が追加されました。6章4話をクリアすることで新強敵が解放され、6章5話をクリアすることで花嫁が助っ人に追加されます。また、レックス・タバサ・花嫁の3人の助っ人のレベルを上げることで、家族の絆レベルが上がり、マグマのつえや称号が入手できます。

f:id:smartphonegamereport:20211018172524p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172526p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172529p:plain

f:id:smartphonegamereport:20211018172604p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172606p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172609p:plain

 

2.新強敵「イブール」登場

 新強敵イブールが登場しました。メラ・バギ・デイン属性が有効な模様です。また、討伐ポイントが1,000,000Pに達するとアクセイブールの本(回復魔力+20)を入手できます。

f:id:smartphonegamereport:20211018173313p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018173315p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018173318p:plain

 

3.ぶき錬成に「天空の剣」「黄竜のツメ」追加

 事前に公式ツイッターで告知があったぶき錬成ですが、天空の剣に加えて黄竜のツメも新たにぶき錬成に追加されました。

 天空のつるぎ改では、ビッグバンソード改(単体メラ斬撃330%→410%)、火炎ぶんまわし(全体無斬撃170%→全体メラ斬撃220%)と、2種類のスキルがパワーアップします。

 黄竜のツメ改では、龍牙疾風拳改(全体バギ体技245%→275%)がパワーアップします。

 また、ぶき錬成追加に伴い、天空装備ふくびき黄竜装備ふくびきが期間限定で復刻開催されるとともに、ミッション報酬としてふくびき補助券も配布されます。(さらにリツイートキャンペーンで天空装備ふくびき補助券もプレゼントされています。)

 開催期間:2021/10/18(月)15:00~11/15(月)14:59

f:id:smartphonegamereport:20211018172658p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172700p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172704p:plain

f:id:smartphonegamereport:20211018172821p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172824p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018172826p:plain

 

4.その他

・10連ふくびきプレゼントクエストその6、メモリアルパネル第6弾がそれぞれ追加されました。

・現在復刻開催されているロトの装備ふくびきは11/15(月)14:59で終了となります。(天空装備・黄竜装備と同時に終了。)

次回の更新は10/25(月)で、イベントストーリークエスト第7章、10連ふくびきプレゼントクエストその7が追加される他、新メガモンスター(大魔王ミルドラース?)も登場するようです。

f:id:smartphonegamereport:20211018173034p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018173037p:plain f:id:smartphonegamereport:20211018173039p:plain

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】ゴンズのほこら安定攻略(コスト330制限)

 前回、ライデインを使用したゴンズのほこらの攻略をご紹介しました。今回も同様の戦法でコスト330制限のほこらを攻略していきます。

 なお、こころの構成が異なる以外は、前回の攻略法と同じ内容です。

dqwalkiventsummary.hatenadiary.jp

 

●1人目:パラディン(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211017071817p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017071819p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017071822p:plain

 【黄】しろばらのきし【黄】キングレオと交換しました。コストを抑えつつ耐久力を維持しています。

 

●2人目:魔法戦士(Lv78)

f:id:smartphonegamereport:20211017072115p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072118p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072121p:plain

 【紫】おどるほうせき【紫】りゅうおうと交換しました。どちらのこころも呪文ダメージ+10%がついているため、火力はそこまで下がりません。

 

●3人目:レンジャー(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211017072344p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072347p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072350p:plain

 【青】竜王(ランクA)を外しました。若干コストが余ったため、気休め程度に【青】あやしいかげ(ランクB)を付けています。

 

●4人目:賢者(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211017072613p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072616p:plain f:id:smartphonegamereport:20211017072618p:plain

 【黄】しにがみきぞくを外しました。虹枠には当初は黄色や緑色のこころを付けていたのですが、ゴンズやミミックに先手を打たれることが多かったため、低コストで素早さを大幅に上げられる【青】ヘルビーストを付けることにしました。

 

 

 戦法もコスト制限なしの場合とほぼ同じです。1ターン目に全員まもりのたてを使用し、その後はレンジャーが竜王の業火、魔法戦士はフォースバーストからのライデインミミック、ゴンズ、シュプリンガーの順に打ちます。

 コスト制限なしの場合と比べた場合、味方の火力についてはそれほど低下していないのでほぼ同様のダメージを与えられます。一方、味方のステータスについてはかなり低下しているため、被ダメージが大きく、パラディン・賢者は回復に専念することになります。

 影縛りが全く入らなかったり、ミミックの痛恨の一撃やゴンズの大地を砕く一撃を連続で受けたりすると厳しいですが、まずまず安定して攻略できると思います。

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】予想通り天空のつるぎの錬成追加が決定しました!

 本日公式ツイッターにて、天空のつるぎのぶき錬成追加のお知らせがありました。明日DQVイベントの更新がありますので、そのタイミングでの錬成追加と復刻ふくびきの開催が予想されます。

 

 錬成後の天空のつるぎ改で使用できるビッグバンソード改はメラ属性斬撃ダメージが威力410%まで上がるようです。一気に主力武器へと変貌しますね。とは言っても私は未所持ですが…。

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】あくまのきしのほこら全員攻撃・オート3ターン攻略!

 ほこらイズライール編シーズン3ではあくまのきしのほこらが復刻登場しています。ほこら実装時に最初に登場したほこらのうちの1つで、当時はかなり難易度が高かったのですが、レベルキャップが80まで上がり、装備・こころ・新職業などが充実した今では攻略も容易になりました。今回は全員攻撃でオート3ターン攻略したいと思います

 

 

1.メラ・イオ属性が有効

 あくまのきしのほこらではあくまのきし・シールドオーガ・ミミックの3体が出現しますが、共通してメラ・イオ属性が有効です。そこで下記のようなパーティ構成にしました。

パラディン オチェーアノの剣(グランエスパーダ)
賢者 ラーミアの杖(イオナズン
レンジャー 世界樹のつるぎ(灼熱なぎはらい)
賢者 ラーミアの杖(イオナズン

 ラーミアの杖(イオナズン)が2本あるので賢者×2にそれぞれ持たせ、レンジャーは世界樹のつるぎ(灼熱なぎはらい)で影縛り+呪文威力低下を狙います。パラディンは他に適正武器がなかったので、オチェーアノの剣(グランエスパーダ)で単体攻撃します。(ヒャド属性は等倍)

 

2.防具は火力アップを優先し、他は王宮シリーズで

 全員攻撃なので防具も火力を優先します。ただ、あまり優秀な防具が揃っていないので、その他はギラ耐性のある王宮シリーズを採用しました。(あくまのきしのベギラゴン対策)

 

3.警戒するのは妨害&即死

 敵3体とも火力・耐久力ともにそれほど高くないのですが、妨害や即死のスキルが厄介です。あくまのきしがタックル(転び)とラリホーラリホーマ(眠り)、シールドオーガがシールドバッシュ(転び)、ミミックがあまいいき(眠り)とザキ・ザラキ(即死)と多岐にわたります。

 まもりのたてを使用してもよいのですが、ザキ・ザラキは防げないですし、速攻でカタをつけたいので、今回はまもりのたては使いません。

 

 

 次に、具体的なパーティ構成を紹介します。

●1人目:パラディン(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211015135548p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135550p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135553p:plain  

 今回は攻撃パラディンで、武器はオチェーアノの剣(グランエスパーダ)です。防具はフェーゴの兜(ヒャド斬撃・体技ダメージ+5%)、竜王の鎧上(ギラ耐性+5%)、ガイアーラのよろい下(ヒャド斬撃・体技ダメージ+5%)を採用。アクセサリーは魔氷のイヤリング(ヒャドダメージ+3%)と氷のアミュレット(ヒャド斬撃・体技ダメージ+5%)です。

 こころも色の相性を無視して【赤】オルゴ・デミーラ(ヒャド斬撃ダメージ計+17%)、【赤】アームライオン(ヒャド斬撃・体技ダメージ計+20%)【青】アックスドラゴン(ヒャド斬撃・体技ダメージ+14%)、【青】グレイトドラゴン(ヒャドダメージ+14%)と、火力重視にしました。心珠は両方ともヒャドダメージ+10%が付いています。

 

●2人目:賢者(Lv72)  

f:id:smartphonegamereport:20211015135714p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135717p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135720p:plain

 武器はラーミアの杖(イオナズン防具は霊獣のビスチェ上(賢者呪文ダメージ+2%)と王宮シリーズです。

 こころは火力に特化して【紫】大神官ハーゴン(イオ呪文ダメージ計+15%)、【紫】おどるほうせき(イオ呪文ダメージ計+20%)、【紫】魔王ハドラー(イオ呪文ダメージ計+12%)、【紫】キマイラロード(イオ呪文ダメージ計+8%)を採用しました。心珠は両方イオダメージ+7%です。

 

●3人目:レンジャー(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211015135805p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135808p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135811p:plain

 武器は世界樹のつるぎ(灼熱なぎはらい)防具ははぐれメタルヘルム(斬撃ダメージ+1%)、炎獅子の装束上(メラ斬撃・体技ダメージ+5%)、王宮魔術師ローブ下です。

 こころは色の相性と火力を意識しつつ、【青】まおうのつかい(斬撃ダメージ+10%)、【青】ランプの魔人(斬撃・体技ダメージ+10%)、【赤】オルゴ・デミーラ(斬撃ダメージ+10%)、【黄】ビアンカ(メラ斬撃・体技ダメージ計+12%)を採用しました。心珠は両方あくま系ダメージ+7%とメラ斬撃・体技ダメージ+5%です。

 

●4人目:賢者(Lv78)  

f:id:smartphonegamereport:20211015135850p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135852p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015135855p:plain

 上記2人目の賢者とほぼ同じ構成ですが、防具にみずのはごろも上(賢者イオ呪文ダメージ計+7%)と霊獣のビスチェ下(賢者呪文ダメージ+2%)、アクセに邪教の教典(イオ呪文ダメージ+5%)、心珠にイオ属性ダメージ+10%×2を採用しました。

 上記2人目の賢者はレベルが若干低いので、こちらの賢者の方が火力は高いです。

 

 

 続いて、実際の戦闘経過を説明します。なお、今回は完全オート戦闘で進めています。

 

 1ターン目、レンジャーの灼熱なぎはらいで全体に約1800ダメージ賢者2人のイオナズンが全体に約2000と約1800のダメージパラディンがグランエスパーダでシールドオーガに約2500ダメージをそれぞれ与えます。

 2ターン目も同じ攻撃パターン。転び・眠り付与やガード・身かわし等をされていなければ、このターンでシールドオーガが落ちます。

 3ターン目、灼熱なぎはらいでミミックが落ち、イオナズン×2とパラディンの攻撃であくまのきしが落ちます。

 途中、転び・眠りの付与やザラキ等が入らなければ3ターンで、少々入っても4ターンで攻略できるはずです。ミミックの痛恨の一撃やあくまのきしのバイキルト→タックル等で思わぬダメージを受けることもありますが、稀なケースなのでその時は最初からやり直しましょう。

f:id:smartphonegamereport:20211015170203p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015170205p:plain f:id:smartphonegamereport:20211015170208p:plain

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【ドラクエウォーク】ゴンズのほこら安定攻略(縛りなし)

 前回投降したゴンズのほこらの攻略記事ですが、デイン斬撃スキルでゴリ押しするという無謀な攻略法でした。運が悪いとゴンズに連続でガードされたり、ミミックに痛恨の一撃を連発されたりしてあっさり全滅してしまいます。

 そこで、今回は手数こそ増えるもののより安定して戦える攻略法を紹介します。

dqwalkiventsummary.hatenadiary.jp

 

 まず、前回の攻略法の反省を踏まえた攻略のポイントを挙げます。

 

1.ミミックを優先的に倒す

 ミミックの痛恨率が異常に高いです(体感ですが5割以上はあると思います)。またミミックは2回行動なので、ほぼ毎ターン痛恨の一撃を喰らう感じとなり、パラディンでも耐えるのが厳しいです。しかもあまいいきまで使用してくるため、全員まもりのたてを維持していないと危険です。

 全体攻撃で3体同時に攻めるよりも、ミミックに単体攻撃を集中させて早めに倒した方が安定します。といっても、私の場合デイン・バギの単体スキルも充実していないため、今回は魔法戦士ライデインをメイン攻撃として戦います。

 

2.ブレス攻撃で影縛りの確率を高める

 ゴンズのガード率が高いのは言うまでもありませんが、シュプリンガーもガードすることがありますし、ミミックは身をかわすこともあります。影縛り狙いでレンジャーに全体攻撃させても、相手に当たらなければ無駄になります。

 幸いなことに、唯一のブレススキルを持つ闇の覇者の竜鞭を所持していますので、レンジャー竜王の業火(ギラ属性ブレス)を使用させることで、確実に3体に攻撃をヒットさせて影縛りの確率を上げることにしました。なおギラ属性は等倍です。

 

3.マグマのつえは威力がイマイチ?

 適正武器がほとんど未所持だったので、今回のイベントで配布されたマグマのつえも検討してみました。マグマのつえはマグマ(ギラ属性単体呪文特大ダメージ)を使用できるのですが、そもそもギラは等倍なのでライデインより威力は出ませんでした。しかしながら、今後のつえの配布状況によって凸が進んだり、ギラじゅもん火力の上がるこころが集まったりすれば、採用することも考えられます。

 

4.ねむりうち・やいばくだきは成功率が微妙

 ねむりうちやいばくだきも有効なのですが、確実に成功するわけではありません。また、上記の影縛りと同様に、攻撃自体が当たらないと絶対に発動しません。思った以上に成功率が良くなかったので、今回は使用を見送りました。

 

 

 

 次に、具体的なパーティ構成を紹介します。攻撃は魔法戦士ライデインとレンジャーの竜王の業火で、回復はパラディンと賢者です。

 

●1人目:パラディン(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133029p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133031p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133034p:plain

 いつもの回復パラディンで、回復武器は光のタクト(いやしのかぜ)、防具はワイルドベレー・凱歌のよろい上・ワイルドボトムです。こころはHPを重視して採用しました。

 

●2人目:魔法戦士(Lv77)

f:id:smartphonegamereport:20211014133124p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133127p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133130p:plain

 今回の攻撃の要となる魔法戦士です。使用スキルのライデインはロトの子孫のこころで使用できますので、武器はゴシックパラソル4凸(呪文ダメージ+20%)を採用しました。防具は凱歌のヘルム・凱歌のよろい上・ワイルドボトムです。また、アクセのしんごんのじゅずにはデイン呪文ダメージ+5%が付いています

 こころは【黄】ロトの子孫ライデイン、デインダメージ+16%)が必須で、【紫】キマイラロード(呪文ダメージ計+13%)も有効。あとはお馴染みの【紫】ゾーマ【紫】おどるほうせき(ともに呪文ダメージ+10%)を採用しました。心珠は両方ともデインダメージ+10%が付いています。

 

●3人目:レンジャー(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133332p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133334p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133337p:plain 

 レンジャーは主に影縛り担当で、武器は闇の覇者の竜鞭(竜王の業火)防具は凱歌シリーズです。

 こころは、3体のうち最も耐久力のあるゴンズに合わせてけもの特攻を優先しました。【黄】ゲリュオン【赤】ゆきのじょおうはけもの系ダメージ+10%、【青】ジャミは同+7%です。残りの青枠は【青】竜王Aランク(ギラダメージ+4%)にしました。心珠はギラダメージ+7%です。

 

●4人目:賢者(Lv77)  

f:id:smartphonegamereport:20211014133446p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133448p:plain f:id:smartphonegamereport:20211014133451p:plain

 回復賢者については、前回の攻略時と同じ構成です。

 

 

 続いて、実際の戦闘経過を説明します。

 

 1ターン目は全員まもりのたて。ゴンズはビックシールド、ミミックは通常攻撃と痛恨の一撃(それぞれ約100・約500ダメージ)、シュプリンガーバギマ(全体約100ダメージ)とはげしく斬りつける(約100ダメージ×4)でした

 2ターン目、レンジャーの竜王の業火で全体約1500のダメージでした。魔法戦士はフォースバースト、賢者×2は全体回復します。

 3ターン目以降もレンジャーは竜王の業火、魔法戦士ミミックライデインを続けます。ライデインはフォースブレイクの段階に応じて約3200→3800→4300とダメージが増えていきました。順調に行けばまもりのたてが切れる前にミミックを落とせます。

 ミミックが落ちたらフォースブレイクを掛け直してゴンズにライデインを集中します。ここでもフォースブレイクの段階に応じて約3000→3500→4000とダメージが増えました。ゴンズのビッグシールドは全くの無害なので、使用したターンはパーティを立て直すチャンスです。

 ゴンズが落ちるころにレンジャーのMPも尽きますが、後はオートで大丈夫です。ゴンズにすてみ状態で殴られることもほぼありません。前回よりははるかに安定して攻略できます。

 

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.